問題を解くためのステップその3

パート7読解問題

TOEICパート7では、ビジネス上で利用される様々な文書内容を理解し、的確に解答する問題となっています。リーディング問題における最大の山場であると同時に、実務での英語力を問う問題になっていますので、内容把握が最も大事なパートと言えます。

問題文の種類は様々あり、セールスレター、注文書、求人広告、Eメールなど、実際に仕事で使われる文章が出てきます。しかも、2種類の文章を読んだ上で解答する「ダブル・パッセージ」では素早く内容を理解するだけでなく、論理的に解答を導く能力が必要になります。とは言っても、問題文に共通して言えることとして、文章構造はどれも同じであるということです。英文の場合、文章構造はまずは結論、その後で根拠が続くようになっています。つまり、問題文のフォーマットと合わせて、第1文や第1段落を理解出来れば、どのような解答を選んでいけば良いのか、大まかに分かります。

パート7の勉強方法

また、短い時間で素早く解答を導くためには、全文を読まずに質問文に対応する文章をピックアップし、それに対応する解答を選ぶ情報選定能力が重要です。もちろん、語彙力や文法も重要ですが、リーディング自体が遅ければ解答時間も短くなります。そのため、ピックアップ能力に特化して勉強した方が効率的です。

基本的には、過去問題を多く解くことが重要ですが、質問文を素早く探す練習を中心に勉強しましょう。その際、質問文は問題文の段落ごとに対応したケースが多いため、練習量に応じて飛躍的にピックアップ能力を上げることが出来るようになります。

TOEICのスコアを伸ばすためには正しい勉強法があることを
ご存知でしょうか?過去800人程の人のスコアアップを実現した
「驚愕のTOEIC勉強のマニュアル」その内容とは?

管理人が実際に購入しレビューした感想はこちら・・・
スコアアップに成功した方の感想を多数掲載中・・・