問題を解くためのステップその3

パート4説明文問題

TOEICパート4は、パート3以上に問題文が長いヒアリング問題です。幅広い表現や語彙に加えて、正確に聴き取った上で理解する能力までが求められるため、ヒアリングに関するほとんどの能力が問われると言っても過言ではありません。但し、パート3である程度得点を取れる方なら、この分野の得点も伸ばすことが出来ます。

まず、問題文自体は様々ですが、セールスの謳い文句や政府の記者発表、或いは著名人物の演説などパターン化されています。そこで、これらのパターンに対して問題となる内容は、割引率や期限、誰がスピーチしているか、その後どうなるかなど、パターン化されているのが現状です。つまり、問題の種類に応じて、質問と解答パターンを勉強してしまうのが近道です。

パート4の勉強方法は?

勉強方法は、パート3での勉強方法とほぼ同じです。問題の特性が分かってしまえば、問題文を聴かなくても質問文だけで解答出来るケースもあるからです。初心者なら、これだけでも1問正解出来てしまいます。もちろん、基本的なヒアリング能力が問われますので、その点では沢山の過去問題を解いたり、少し長めのスピーチ教材を聴くようにしましょう。

尚、語彙力についてはパート3と同等かそれ以上ですが、もし分からなくても文脈から判断出来るケースも多々あります。1つの語句が分からないだけで諦めるよりも、問題文全体を聴いて類推する力を養うことが重要なので、多聴教材を有効に使うことがオススメです。

TOEICのスコアを伸ばすためには正しい勉強法があることを
ご存知でしょうか?過去800人程の人のスコアアップを実現した
「驚愕のTOEIC勉強のマニュアル」その内容とは?

管理人が実際に購入しレビューした感想はこちら・・・
スコアアップに成功した方の感想を多数掲載中・・・