問題を解くためのステップその3

パート2一問一答問題

TOEICパート2では、簡単な質問に対して適切な解答を選ぶ問題となっています。短い会話形式になっていますが、使用されている文法は中学校・高校レベルなので、しっかりと聴き取れれば難しい問題はありません。また、出題される問題にもパターンがあるため、ある程度覚えてしまうことで、得点を上げることが出来ます。

最も大きなポイントは、どれだけ「言い回し」を知っているかということです。この言い回しを沢山知っているほど、正解に近づきます。というのも、問題文の意味を聞き取れなくても、解答の選択肢を比較するだけで、明らかに不適切な言い回しがあると分かれば、それらを消去法で弾き、正解を選ぶことが出来ます。また、パート1と同じように、質問文に使用された語句が解答に含まれている場合は、高い確率で不正解であることも覚えておきましょう。これだけで、正答率は70〜80%に高まります。

つまり、質問文が難しくてもスタンダードな物でも、解答パターンさえ覚えてしまえばOKです。例えば、時期を聞く質問や納期に関する質問、事務や作業に関する質問が多く出題されるので、それらに対する解答パターンを暗記してしまいましょう。

後は、それらの解答がどのような質問パターンで使われているか勉強すると、正答率が一気に高まります。もちろん、基本的なヒアリングスキルも問われますが、それ以上に応答力を問われるわけですから、基本的な会話パターンを何度も聴く練習を中心に勉強してみて下さい。

TOEICのスコアを伸ばすためには正しい勉強法があることを
ご存知でしょうか?過去800人程の人のスコアアップを実現した
「驚愕のTOEIC勉強のマニュアル」その内容とは?

管理人が実際に購入しレビューした感想はこちら・・・
スコアアップに成功した方の感想を多数掲載中・・・