覚える
ホーム >> 効率的な勉強法 >> TOEICの英文法勉強法

TOEICの英文法勉強法

文法を勉強すると、TOEICスコアのアップにどれだけ貢献するのでしょうか?文法を全て覚えなくとも、自分が苦手な分野を集中的に勉強するだけで、リスニング及びリーディングそれぞれのスコアが50点アップするとも言われています。つまり、合計で100点もアップするのです。しかし、日本人は英文法の勉強がとても苦手と言われています。

英文法を勉強する上で、最も基本的な物が品詞です。というのも、TOEICパート5〜6では品詞を問う問題が多数出題されるからです。語彙の品詞を覚えるだけで得点力が上がるので、無視出来ない分野でもあります。品詞は、パズルのように覚えて問題を解くのが一番です。TOEICならではのお決まりのパターンもあるので、比較的勉強しやすい分野です。

また、話すための英文法にはどのような効果があるでしょうか。リスニングでは、文章の頭から聴いて、聴いた順序で英文の意味を理解する能力が求められます。そのためには、文章構造を正しく見抜き、素早く理解することが重要です。特に、押さえておきたいのが関係代名詞や関係副詞です。長文になればなるほど、節全体を修飾するために利用します。

しかし、日本人はこの関係代名詞が出てくると、途端に苦手意識を持ってしまい、問題を解くことを諦めてしまいます。問題集を通じて、どこの節とどこの関係代名詞の関係になっているかを正しく把握できるよう、十分な練習を積むことに集中しましょう。

TOEICのスコアを伸ばすためには正しい勉強法があることを
ご存知でしょうか?過去800人程の人のスコアアップを実現した
「驚愕のTOEIC勉強のマニュアル」その内容とは?

管理人が実際に購入しレビューした感想はこちら・・・
スコアアップに成功した方の感想を多数掲載中・・・