就職

TOEICと就職の関係

近年になって企業の側でTOEICの点数を採用基準に設ける動きが出ています。ビジネスの国際化が進んで久しい今、ビジネスマンには実用的な英語能力が求められるのです。その能力を判定する基準としてTOEICは最適というわけです。

では就職・転職の際に役だてるためにはTOEICでどれぐらいの点数を獲得すればよいのでしょうか。

この基準は各企業によって異なってきます。海外赴任など本格的に海外で活躍する人材を求めている企業の場合は当然設定が高くなりますし、英文読解能力程度を求める場合にはそれほどの高い点数は求められません。ただ、採用に明確なTOEICの基準を設けている企業の多くは「730点以上」に設定しているケースが多いようです。

730点以上はBランク。「どんな状況でも適切なコミュニケーションができる素地を備えている」レベルです。かなり高いレベルが求められることになります。学生の間に取得するのはかなり難しいレベルとなるでしょう。一定の留学経験が必要になるかもしれません。

ただし、新卒採用の場合はここまで高い点数を求めていない場合も多く、入社後にどれだけ勉強を重ねていく気があるのかも重視されます。これは英語能力だけの問題ではなく、社会人としての向上心も問われることになるため重要です。その意味でも学生の段階で少しでも高い点数を獲得しておくことが就職に大きく有利に働いてくれるでしょう。目標730点、できればCランク、600点くらいのレベルには達しておきたいところです。

TOEICのスコアを伸ばすためには正しい勉強法があることを
ご存知でしょうか?過去800人程の人のスコアアップを実現した
「驚愕のTOEIC勉強のマニュアル」その内容とは?

管理人が実際に購入しレビューした感想はこちら・・・
スコアアップに成功した方の感想を多数掲載中・・・