とは?
ホーム >> TOEICとは?

英語能力を判定する試験の代表格として近年急速に知名度を高めているのがTOEICです。企業が社員に受験を求めたり、一定の点数を求める動きも出ているなど幅広い分野での活用が進められています。ではこのTOEICとはどのようなものなのでしょうか。

TOEICとは?

TOEICとは正式には「国際コミュニケーション英語能力テスト」と言います。つまり、英語でコミュニケーションをとるための能力を問う試験なのです。日本の教育における英語ではとかく単語や文法といった暗記を重視した学習に終始する傾向があり、長年勉強を続けながらも英語を身につけられる人はほとんどいないという問題点がありました。それに対してTOEICではあくまで実践的なコミュニケーション能力が重視されます。もちろん単語や熟語、構文も出題されますが、あくまでコミュニケーション能力に必要な範囲での出題です。

この試験の最大の特徴は合否判定ではなく、スコアによる認定制度であること。点数によってその人の英語コミュニケーション能力がはっきりと表れるのです。その意味では初心者にとっては怖い試験になりますし、得点が高くなればなるほど勉強するモチベーションがアップする試験でもあります。

現在世界90ヶ国以上、年間500万人以上が受験している国際基準の試験でもあります。日本では年8回実施されており、年間約170万人も受験しています。

国際化がますます加速度を増している現在、今後TOEICは世代を問わず重要性を増していくことになるでしょう。

TOEICの内容について

TOEICでハイスコアを出すには、その内容について把握しておかないといけません。TOEIC主催者側も、受験者が試験内容について把握していることを前提に問題を作成しています。内容を知っておかないと、いらぬところで手間と時間をとられてしまいます。 

TOEICはリスニングセクションと、リーディングセクションから成りたっています。テストにはパート1〜パート7まであり、パート1〜パート4までがリスニングセクション、パート5〜パート7までがリーディングセクションです。このうち、スコアを伸ばしやすいのはリスニングセクションの方だと言われています。しかしそのためには、ただリスニングの能力を上げるということではなく(もちろんそれもありますが)、テスト専用のリスニング力を培うことが大切です。 

・・・・続きを読む

TOEICのスコアを伸ばすためには正しい勉強法があることを
ご存知でしょうか?過去800人程の人のスコアアップを実現した
「驚愕のTOEIC勉強のマニュアル」その内容とは?

管理人が実際に購入しレビューした感想はこちら・・・
スコアアップに成功した方の感想を多数掲載中・・・