判定

TOEICのレベル判定について

TOEIC試験の特徴は合否判定ではない点にあります。この点は同じく英語能力を判定する英検と大きく異なる点です。試験で獲得した点数に合わせて5段階のレベルに判定されます。つまり試験を受けた人全員が自分の英語能力を確認することができるのです。

レベルはA〜Eまでに分かれます。まずもっとも低いEレベルは215点まで。「コミュニケーションができるまでに至っていない」評価となります。はじめて受けてこのレベル判定を受けた人も多いのではないでしょうか。

Dレベルは220〜465点。
「通常会話で最低限のコミュニケーションができる」評価となります。ネイティブが配慮してくれれば一定の意思疎通が可能というレベルです。

Cレベルは470〜725点。
「日常生活のニーズを充足し、限定された範囲内では業務上のコミュニケーションができる」評価です。TOEICを受ける人の多くがまずこのレベルを目指すことになります。

Bレベルは730〜855点。
「どんな状況でも適切なコミュニケーションができる素地を備えている」。通常会話は完全に理解できるレベルです。このレベルに達すると就職・転職に有利になるケースも多いようです。

Aレベルは860点以上。
「ノンネイティブとして十分なコミュニケーションができる」評価となります。専門外の話題でも十分な理解・表現ができるレベルとされ、コミュニケーションが十分にこなせると判断されます。

TOEICの勉強をするからにはBランクくらいまでは行きたい、と思っている人は多いでしょう。そこまで達するには簡単ではありせんが、国際化が進んでいる現在、コツコツと勉強を続けていく価値は十分にある試験といえるでしょう。

TOEICのスコアを伸ばすためには正しい勉強法があることを
ご存知でしょうか?過去800人程の人のスコアアップを実現した
「驚愕のTOEIC勉強のマニュアル」その内容とは?

管理人が実際に購入しレビューした感想はこちら・・・
スコアアップに成功した方の感想を多数掲載中・・・